大分海陸運輸株式会社−沿革

会社沿革

明治43年9月 大分回漕合名会社創立者
高田 保氏(元大分市長、元大分商工会議所会頭)代表社員に就任
明治43年11月大阪商船株式会社(現、株式会社商船三井)より代理店を委嘱される
昭和24年6月 大分海陸運送株式会社を設立
大分回漕合名会社と株式会社別府商船組の出資により、
本社を大分市生石築港埋立30番地、
別府営業所を別府市大字別府429番地の1に置く
昭和27年5月 税関貨物取扱人の免許を受ける
昭和27年10月内航運送取扱業の許可を受ける
昭和28年10月一般港湾運送事業の登録を受ける
昭和29年7月 一般区域貨物自動車運送事業(限定)の免許を受ける
(大分市、別府市)
昭和37年4月 一般区域貨物自動車運送事業(限定)の免許を受ける
(佐伯市、日向市)
昭和39年12月港湾運送事業第一種の免許を受ける
昭和41年9月 一般区域貨物自動車運送事業の免許を受ける
(大分県)
昭和45年3月 石油製品販売業の登録を受ける
昭和47年7月 港湾運送事業第二種及び第四種の免許(限定)を受ける
(福陸自第4505号)
昭和56年5月 三井造船事業部を
大分市大字日吉原3番地三井造船株式会社大分事業所構内に置く
昭和58年10月港湾運送事業第二種及び第四種の免許(限定)を受ける
港湾運送関連事業(固定区画業、船内清掃業、荷造荷直業)の
届出を受理される
昭和59年3月 通関業の許可を受ける
平成2年 12月貨物運送取扱事業法の変更により
第一種利用運送事業・第二種運送事業の統合を許可される
平成6年 5月 大分海陸運送株式会社新社屋完成に伴い住所移転登記した
(現在地、新住所)大分市大字大在2番地
(旧住所)大分市生石四丁目1番20号
平成8年 10月大分海陸運送株式会社倉庫業の許可を受ける
(九運港第1260号)(第329号)
平成8年 11月当社「物流第1号倉庫」新築完成(2,756m2)
平成9年 6月 一般貨物自動車運送事業者(営業区域の変更)
(新)九州圏(九運自第1347号53)認可
平成10年6月 当社「物流第2号倉庫」新築増設完成(2,269m2)
平成14年6月 産業廃棄物収集運搬業の許可を受ける
(大分県、大分市)
平成16年9月 大分海陸運送株式会社航空貨物部大分営業所を
大分市大字勢家浜町東11-1に新築移転
平成17年7月 産業廃棄物収集運搬業(積替)の許可を受ける
(大分市)
平成18年3月 国土交通省 航空局長より特定航空貨物利用運送事業者/特定航空運送代理店事業者の認定を受ける
(国空総第1750号・認定番号第101号)
平成18年8月 当社「物流第3号倉庫」新築増設完成(4,705m2)
平成19年1月 全国貨物自動車運送適正化事業実施機関(社団法人全日本トラック協会)より「安全性優良事業所認定証」(Gマーク)を受ける
平成21年4月 当社「物流第4号倉庫」新築増設完成(4,071m2)
平成21年5月 航空貨物部空港営業所を
国東市安岐町下原541-98から手狭のため
国東市武蔵町糸原3761-1に移転(事務所/倉庫500m2)
平成22年9月 創業100周年記念行事
当社創業100周年を記念し、社員及びその家族(総勢314名)を豪華客船ふじ丸に招待し、別府湾ミニクルーズの中、船上での祝賀会を盛大に行なう
平成23年4月 当社「物流第5号倉庫」新築増設完成(1,350m2)
固定式テント倉庫としては当社が全国初の営業許可となる
平成27年5月 航空貨物部空港営業所を杵築出張所に名称を変更し
国東市武蔵町糸原3761-1から杵築市大字八坂字春代2597に移転